ニキビ治療

思春期ニキビ

学生時代ニキビや吹き出物に悩んで周りの目が気になっていた人も大勢おられるでしょう。
年若い人に出る思春期ニキビの原因はどういったことが考えられるのでしょうか。
体の成長期である思春期には、女性であっても男性ホルモンが過剰に分泌されます。

このような男性ホルモンの影響によって、毛穴の奥にある皮脂腺部分を刺激すると言われています。
これにより皮脂の分泌が活発になり、排出が追い付かず毛穴の詰まりへとつながってしまいます。

そして、詰まってしまった毛穴に常在菌であるニキビ菌が繁殖することによって、思春期ニキビができる原因となるようです。

この思春期ニキビに関しては、思春期を過ぎ大人になると自然に治ってしまうようです。
実際ほどんどの人は、男性ホルモンの分泌が減少し、自然とニキビが出なくなっていったようです。
ニキビができると困ってしまうものですが、洗顔などを習慣的に行なうことによって清潔な状態を維持しておくことが大切です。

10代の頃から化粧をする方もいらっしゃるようですが、このこともニキビが思春期にできてしまう原因となっているのです。
大人になると出なくなる思春期ニキビですが、対策を何もしないというのは間違っています。

ニキビの治療をきちんと受けることによって、顔にニキビ跡が残るのを防ぐことも重要なことです。
思春期ニキビの治療に関して覚えておくべきことは、ニキビを絶対に潰さないことです。
ニキビは潰れてしまうことによって、ニキビの跡が肌に残ることになります。

健康的な生活習慣を保ち洗顔を怠らないことによって、思春期ニキビの治療につながるだけでなく、予防にもなります。
初めに、日ごろ自分が過ごしている生活リズムを改めて考えてみましょう。